2018年11月28日

11/3 キャッツ

11/2が誕生日と言うことで、何年かぶりのバースデーキャッツしてきました。

新演出のキャッツが楽しすぎて、ほぼ月一で感激していますなぁ。
まぁ、五反田・横浜時代に比べれば・・・って感じでしょうか。
しかも、贔屓はいないし、どの猫も初見!って感じなので意外と新鮮です。

前回前々回の加藤マンクに代わり、北村マンク。
こちら、さわやか〜な今どきのマンクです。
他の雄猫達をみんなクン付けで呼びそう〜(笑)結構好みでした。

タガーの大森さん。最後に観たのはソンダン花束の大阪大千秋楽かな。
最後のごあいさつは中国語で少し涙を浮かべながらだったのが印象的でした。
すごく前のことですね。
その大森さんがタガーになったとは!きっと李パイセンもお喜びのことと思います。
大嶺タガーがはじけすぎているので、大森タガーはもう一つな感じです。

デビューしたてなのでしょうか?(あんまりキャストのことがわからないので)
山科ミストがなかなか当たりなのではないでしょうか?


てな感じで、この日のキャストはとても良い感じでした。
もちろん、江畑グリザも絶好調です。

ちょっと気になるのは、グリドルボーン。
岡村さん、真瀬さんと観て、二人ともジェリロは良いのですが、
グリドルになると、なんだか段取り臭くなる。
きっとテンポが上がったせいかな。グロタイシーンが好きなので少し残念です。

それと、今回復活したランパスナンバーがやはり私は大好き!
犬好きだからかなぁ。客席では「つまらない」との声も聞きましたが、
あのゴミで、狆(パグっぽいけど)とブルテリアをとても可愛く表現できてると思うし、
ワンキャン、ワンキャン、がもうキュンと来ます。
気になるのは、原詩がわからないけど狆は中国の犬ではなくれっきとした日本犬です。
そこの歌詞、毎回ひっかかるわ〜。
でも、マンクの歌も良いですよ〜、バグパイプのタガーも好きですよ〜。

合わせて、シャムネコ軍の歌い方もニャニャしてて可愛いく感じるようになりました。

次はクリスマス頃に観に行く予定です。今からとても楽しみです。
posted by Madam.LI at 23:33| 神奈川 ☁| Comment(0) | 涙もん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする